『内部被ばく検査ステーション』をご利用くださいましてありがとうございます。

検査機械の安定稼働をするために、4月1日から東京のクリニックと提携し
新たな体制に移行する運びとなりました。
内部被曝の検査は、6月〜7月より開始する予定です。
暫くの間、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

4月〜6月は、放射性物質のデトックスセミナーを開催予定です。
詳細はホームページ上でお知らせ致します。
ご連絡はこちら】(担当:新納 にいろ)

内部被ばくステーション

がん治療方法3・11からすでに5年が過ぎ、4年間で2000名以上の方を測定してきました。全国民が低線量ではありますが、内部被ばくしていることが明らかになりました。 2017年1月から、千葉県我孫子にて、医療法人博志会の指導の基、検査とデトックスをはじめます。



新着情報


こんな検査をやっています

ホールボディカウンター 「アンチドザ」を使用して、内部被爆測定を行います。
座位にて5分間静止で、全ての放射性物質のエネルギー スペクトルが表示され、全ての線量がわかります。

ホールボディカウンター 「アンチドザ」
内部被爆検査の予約
ホールボディカウンター 「アンチドザ」

助成金が受けられます

柏、我孫子、白井、印西、各市の18歳以下及び妊婦さんに助成金3000円が支給されます。 各市により申請書式が異なりますので、区役所のホームページを参照してください。

>> 助成金の仕組みはこちら


内部被ばく検査紹介動画