政府は放射能汚染地図を秘かに公表

日本政府は世界版SPEEDI(WSPEEDI)で作成した放射能汚染地図を秘かに公表していました。この地図は今まで発表されていた「線量図」ではなく、限りなく本物に近い「放射能汚染地図」となっています。政府が発表した放射能汚染地図でも西は愛知の東部、北は青森南部付近まで放射能が広がっていることが確認できます。

引用(福島第一原子力発電所事故に伴う Cs137 の大気降下状況の試算)
http://nsec.jaea.go.jp/fukushima/data/20110906.pdf

内部被爆検査の予約