2012年10月から2013年3月末までの結果報告

参考資料:南相馬市発表

第4回目の今回は、2012年10月から2013年3月末までの結果をご報告致します。検査月別のセシウム検出率は、大人は低下傾向、子供も低い状況を維持しています。この一年間の検査でも同様の状況が維持されており、今現在の南相馬市での生活を続ける上で、慢性的な内部被ばくが非常に低く抑えられていることを示しています。

しかしながら、一部の大人で比較的高い値が検出されたり、2回目の検査で体内の放射能量が増加傾向にある方も散見されます。

原因として、未検査の汚染食品の継続的な摂取と考えられます。
内部被ばくの値や、セシウムの検出率は低い状況を維持しておりますが、今後も継続的な検査や食品検査の徹底が必要です。

2013年5月7日より南相馬市の小中学生全員を対象に、学校検診としての内部被ばく検査を開始しました。

年に2回継続的な検査を行う予定ですが、今後、小児だけではなく、大人も健康診断として継続的に検査を受けられる体制を整備してゆきます。
 市では、各種放射線検査の拡充、食品検査結果の迅速な公表・注意勧告に努めるとともに、継続的なWBC検査、初期の被ばくに対する健康フォローの強化を行って行きたいと考えております。

南相馬市長           桜井勝延
南相馬市立総合病院 院長    金澤幸夫
南相馬市立総合病院 医師    坪倉正治

内部被爆検査の予約